2016年3月21日月曜日

卒業シーズン。


卒業シーズンですね。

ヴォーカルのレッスンでも、来年受験や大学に進学するため、さらには次の夢に向かうため、3人の生徒さんが今月いっぱいで退会・休会します。

めっちゃ寂しいです(T ^ T)

でも、勉強もすごく大事だし、その勉強がいつか歌の役に立つかもしれないから、受験生のKちゃんと、大学生になるMちゃんを応援したいです☆

そしてもう1人は、今まで地下アイドルやOSMのSO.ON project(女子高生アイドル)で
活躍していた永井美祐里ちゃん。(写真)

女優さんになるために、SO.ON projectも辞めて、歌のレッスンも辞めちゃうのですが、ずっと「女優さんになりたい」って言って舞台に出たり、演技のレッスンも頑張って受けていたので、夢を応援したいです♡

今日の彼女のブログに、ボーカルレッスンのことを書いてくれました☆
http://s.ameblo.jp/miyuri0121/entry-12141713359.html

お手紙ももらったんだけど、手紙を読んで、さらにこのブログを読んで、泣いちゃいました。

「歌うことが好きになった」って言ってもらえることが、ヴォイストレーナーとして一番嬉しいかもしれないなぁ。

寂しいけど、私も頑張ります☆


S-KEY-A

2016年3月18日金曜日

鈴木重子さんの記事。



ヴォーカリストで、アレクサンダー・テクニークのワークショップや講演もされている、鈴木重子さんのFacebookをフォローしているのですが、3/16の記事がとても印象に残ったので、URLを貼らせていただきます。
https://www.facebook.com/ShigekoSuzukiOfficial/posts/945472928906747:0

ここ数年、私自身もアレクサンダー・テクニークに出会ってから歌うことについていろいろ考えたり向き合ったりしていたのですが、「あ!そうか!そういうことだ!」と気づかされました。


「楽しいこと、クリエイティブなこと、
遊びのあることをやるのは、
『真面目な努力』が終わってから、
ご褒美として、少しだけ許される」



子どもだった私は、
それをとても一生懸命受け取って
『他の誰か(特に、権威のある人)に命じられたことを
なるべく、間違えないようにやる』
という枠組みで努力してしまい、
そのせいで、
面白いこと、クリエイティブなことを楽しむより
なるべく真面目に、完璧に、
やる『べき』ことをやるほうが
大切になってしまったのだなあ。

そして、その想いは、今も私のどこかにあって、
いちばん好きなことをしているはずなのに
どこかでそれが、真面目にやるべき『義務』になって
なぜか面白くなくなったり、
新しいアイディアを思いつきにくかったり
したんだな。


この部分に特に共感しました。
自分が思っていて言葉にできなかったことが、文字にされて、私の中にも入ってきて、「あ、自分もこう思っていたのかもしれない」と思いました。

最近、人前で歌うことを怖いと感じることがあって、その原因は何かな?って考えたりしていました。そのヒントにもなる気がします。


S-KEY-A

2016年2月12日金曜日

発声練習で喉に力が入ってしまう問題。

今日はアレクサンダー・テクニークレッスンでした♪

ヴォーカルのレッスンでは、歌だけではなく、滑舌の練習のために生徒さんに五十音を発音していただくことがあります。

あいうえお
かきくけこ
さしすせそ…

あえいうえおあお
かけきくけこかこ
させしすせそさそ…

と言う感じで☆

その時に、私自身、歌う時はお腹から声を出せるのに、五十音の発声をする時は喉に力が入ってしまうので、「なぜだろう?」と以前から疑問に思っていました。

発声する際に、五十音が書かれた紙を見ながら発声します。

その紙を目の前に持ってくるときに、少し後ろにそってしまっていることに気付きました!!

小学校で、「前にならえ」をするとき、姿勢を正しくするために少し後ろにそってしまうように!
昔からのクセ?なのか、自然とそってしまう体勢を取っていました。

そのことに気付き、紙を目の前に持っていくときに、腕だけが動くようにして(鏡で背中がそらないように確認しました)、発声してみると、とてもラクに声が出せました!

後ろにそった状態で発声すると、体全体に余計な力が入ってしまい、喉にも力が入ってしまいます。

このことに気付けてよかったです!!

2016年1月28日木曜日

Column:留学

同じ学校に通っていた若かりし日の私と、
現在LAで女優・歌手・モデルとして活動中のAmieeと♪


2001年の8月から2002年の7月までアメリカに交換留学していました。

まずは一ヶ月間、シアトルで語学学校に通いました。

その後、カリフォルニア州・サンタローザのホストファミリーのお家で7月まで過ごしました。(途中、色々あってホストファミリーは変わりましたが)

Maria Carrillo High Schoolで、Junior year(高校二年生)を過ごしました。私の誕生日月(7月)が、日本で言う早生まれだったみたいで、実際の学年(日本では高校一年生)より一つ上の学年になりました。

普通の授業では、英語(日本の国語)、数学、歴史、経済、体育を取って、選択授業では、クワイヤークラスや演技クラス、陶芸のクラスなどを取っていました。

クワイヤーや演技のクラスが一つの単位として取れるなんて、さすがアメリカだな!と思いました。

教科書が、百科事典並みの分厚さと大きさで、持ち運ぶのが大変でした(笑)

アメリカの文化を学び、歌い、食べ、遊び、勉強も頑張りました。
海外(ブラジル、ドイツ、コロンビアetc.)からの留学生たちとも仲良くなって、たくさん友達ができました。

最初は電子辞書を持ち歩かないと不安でした。発音しても発音が悪いと理解してもらえないので、電子辞書を見せながら話していました。

半年を過ぎた辺りからやっと英語を話せるようになり、聴き取りもできるようになりました。その辺りから夢も英語で見るようになっていました。


留学中は、10kg太りました!!
それもいい思い出です(笑)

部活は、バドミントン部に所属していました。下手でしたが、誰よりも楽しんでいた自信はあります♪

留学をして本当によかったです。
留学を勧めてくれた叔母と、行くことを許してくれた母親、祖母、そして天国の祖父に感謝です。

2016年1月21日木曜日

Column:私の先生③ 〜山口裕介(USK)先生〜


山口裕介(USK)先生 (BODY CHANCE)


このブログで書いている、アレクサンダー・テクニークのレッスンをしてくださっている先生です。

先生の雰囲気がとても穏やかで、私の心まで穏やかになれる気がします。

レッスンでは、たくさんのことに気付かせてくれます。
時には人生相談に乗っていただいたり。

元々バンドでドラムをされていて、ドラム講師もされていました。MIKI MUSIC SALONの講師仲間でもあります。

これからも先生の元で、学びながら、いろんなことに気付いていきたいです♪

2016年1月16日土曜日

アカペラでは歌えるのに、音源で合わせると歌えなくなる問題。



昨日は、今年初のアレクサンダー・テクニークレッスンでした。

レッスンで生徒さんに楽曲を歌ってもらう時に、音程が取りにくい部分や声が出しにくい部分は、アカペラで確認してからまた音源で歌ってもらうことがよくあります。

そうすると、しっかりと確認してから歌えるので、歌いやすくなることが多いのですが、アカペラではできても音源になると力が入ってしまい、歌いにくくなる(高い部分を喉で歌ってしまったり、力を入れ過ぎてしまう)生徒さんがいました。

そのことについてUSK先生に相談していました。


そのとき生徒さんが歌っていた楽曲はテンポが速めの曲だったのですが、アカペラで歌ってもらう時は、ゆっくりの音で確認してもらっていました。

ゆっくり歌う時点で、その時の癖がついてしまい、それを音源の元のテンポで歌うと、その癖のまま歌ってしまうので、歌いにくくなるのかもしれない、とUSK先生にアドバイスをいただいて、「なるほど!!」と思いました。

ゆっくり歌ってできても、そのときと速いときの歌い方は確実に違うから、テンポをもっと大事に考えなくてはいけなかったなぁと思いました。

アカペラで歌ってもらうときに、最初はゆっくりで、段々速いテンポで歌ってもらうこともしていたのですが、全部フリーテンポで歌ってもらっていたので、最終は原曲のテンポをメトロノームに合わせてアカペラで歌ってもらわないといけないな、と反省しました。

さらに、次回のその生徒さんのレッスンでは、「アカペラで歌うとき」と「音源で歌うとき」の生徒さんを観察して、頭や体はどうなっているかを比較してみようということになりました。

観察して私が見えたことを生徒さんに伝えて、生徒さんにも自身の観察をしてもらいます。

もしかすると、音源を流した時点で、構えてしまって頭や体が固まってしまっているかもしれません。


今後、このことに気をつけてレッスンをしてみようと思います☆


2016年1月14日木曜日

Column:掃除



私は、お掃除が得意ってほどでもないし、めっちゃ好きってわけでもないのですが、結構お掃除をします。

なんというか、お掃除をしないと気分的に落ち着きません(笑)

学生時代、以前オススメ本コーナーでオススメしたこんまりさんの本を読むよりずっと前に、舛田光洋さんの『「そうじ力」であなたが輝く』(画像)を読みました。

そこに書かれていた、「部屋は自分の心の状態を表す」という言葉に衝撃を受け(当時、部屋が散らかり放題で心も荒れていたのでw)、確かこの本を電車の中で読んでいたのですが、すぐに家に帰って掃除がしたくなりました。

それから、私の部屋は比較的いつも綺麗です。

風水的にも掃除をすると運気が上がると言いますが、それを実感しているので、掃除はこれからもしっかりしていきたいと思っています♪