2015年11月7日土曜日

ジェレミー・チャンス先生の特別講義 ②歌



ジェレミー・チャンス先生の特別講義①の続きです。


<それぞれがしたいことをする>

次は、それぞれがしたいことをして、ジェレミーに見てもらいました。

1人目の女性は、歌を歌いました。
彼女は歌う時、首が前にいっていて苦しそうに見えました。

その後、ジェレミーさんから、首は後ろにしたまま(ジェレミーさんが手で支えてた)、

「空気を下から上に上げることだけを考えて歌ってみて」

と言われてから歌うと、いつもとは違う歌い方で少し戸惑った様子でしたが、さっきより声が出て歌いやすそうでした。スコーンと抜ける声になっていました。

高い声を出そうとする時に、

「力を入れなければならないと言う考えは正しいけど、その力を入れる部分が違っていただけなんだ」

と仰っていました。


次は、私の番でした。

私は『Let it go』のサビの部分を歌ってみました。
USK先生に教えてもらっていたので、そんな緊張もせず普通に歌えたつもりでした。

ジェレミーから、「逆アレクサンダーをします」と言われ、まずは首を前に下にの状態にされて、その後その逆の動き後ろに上にの動きをして、

「力を入れるときは、前に行くのではなく後ろに上にを意識して」

と言われてやってみたら、最初よりより大きな声でグワッと広がった声が出せました。

アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けて、こういった経験をするたびに「自分にはまだまだのびしろがある」と思えてとても嬉しいです。